バブルがはじけたらブランドバッグとGOOD BYE!

我が家にあるバブルの痕跡

サイト項目

バブル期に購入し不要となったブランド買取の申し込み方法や買取方法

バブルの頃は、欲しいと感じたブランドバッグは自ら購入したり元カレに貢いでもらったりしていました。
そのため、同じブランドバッグの色違いなどを全て揃えているなど、まさにバブルの痕跡と言えるような品々がタンスの肥やしになっているのです。
タンスの整理をしていたら次々とブランド商品が出てきたのですが、それらにマッチする洋服は既に持っていませんし、流行りでもないカラフルなバッグを持ち歩くほどの度胸も持ち合わせていませんので、ブランド買取ショップへ売ることにしました。
どのような買取方法があるのかとインターネットのサイトで調べたところ、様々な申し込み方法があることが分かりました。
ブランド買取ショップにもよりますが、大きく分けて3つの方法がありまして、店頭へ自ら持ち込んでその場で査定をしてもらい、すぐに現金化できるという方法と、訪問買取といって、ブランド買取ショップのスタッフが自宅まで来てくれて玄関先で査定をしてくれる方法、そして宅配買取という方法です。
複数のブランドバッグがありましたので、まずはバッグの買取相場を知るために駅前にありますブランド買取ショップへ一つだけ持ち込んでみることにしました。
訪問買取や宅配買取だと1個だけでもOKとなっていましたが何だか気が引けてしまったので、まずは店頭買取に臨むことにしたのです。
バブル期に購入したブランドバッグは揃えることが目的になっていたという傾向があり、購入後は自宅で眺めるばかりで、あまり外へ持ち出すことがなくバッグの表面にキズがついていません。
そのため、名のあるブランドのバッグであれば、それなりの価格で買い取ってもらえることが分かりました。
ブランド買取ショップで査定をしてもらっている間に、店内に飾られた中古のブランド品を見ていると、昔の気持ちがよみがえり購入したくなりましたが、ここは我慢しました。
次に自宅へ訪問査定をしてもらうつもりでいたのですが、仕事の都合でなかなか昼間に在宅するということができませんでしたので、最終手段として宅配買取でまとめて査定をしてもらうことにしたのです。
ブランド買取ショップのサイトから手続きをすると、翌々日には大きめの箱が届きました。
中に入っていた指示書通りにブランドバッグを詰めて、本人証明書類などを一緒に梱包して近くのコンビニエンスストアから発送しました。
一週間以内にメールで査定額が伝えられ、金額に納得できたの了承するとすぐに指定の口座へ現金が振り込まれました。

Copyright(C)2014 バブルがはじけたらブランドバッグとGOOD BYE! All Rights Reserved.