バブルがはじけたらブランドバッグとGOOD BYE!

我が家にあるバブルの痕跡

サイト項目

売り手市場の現在は質屋との違いを理解してブランド買取を

現在はブランド買取の売り手市場となっていて、ブランド買取店の多くがブランド品をこぞって買いあさっています。 それだけに眠らせているブランド品がある人は、興味のあるところでしょうがそこでブランド買取店と質屋との違いがよくわからずにどちらを利用したら良いのか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

このふたつの大きな違いとしては、ブランド品を買取してもらうか、それを担保にお金を借りるのかという違いになります。 前者はそのまま買取をしてもらうわけですから、返してもらおうとしてもすでに相手のものであるため基本的に取り返すことができません。 一方質屋の場合は、あくまでも一時的にブランド品を預けてその代わりにお金を借りるという仕組みになっています。

お金を返済すれば預けたブランド品が戻ってくることになるのですが、返済しなかった場合には借金が帳消しになる代わりにブランド品が質屋のものになってしまうということです。 そのため、最初から返済をするつもりがなければ利用者側としてはブランド買取店ととくに変わることはないということになりますが、質屋に預ける場合には買取に出すよりも安い値段になってしまうケースが多いので、端から売るつもりがあるのであれば素直にブランド買取に出したほうが良いということになります。

売り手市場の現在に高値で売ることができるにも関わらず、質屋に預けて安値で質流れをしてしまうようであれば勿体無いものですから、売る気があるのであれば最初から買取にだしましょう。 それでは質屋のメリットはないのかというとそのようなことはなく、急にお金が必要となりリスクを少なくお金が借りたいといった場合には質屋が便利です。 質屋は返済できなくても質草が流れるだけですから、借金地獄に陥るということはなく返済できなければ自動的に質草が流れて清算されることになるので消費者金融などから借りるよりも安全にお金を借りることができます。

このようにブランド買取店と質屋とでは一見似ているようですが大きな違いがあるので、利用をするときには覚えておくと良いでしょう。 ただし、最近では質屋であってもブランドの買取をしているケースもあるのでこのような倍にはブランド買取店と同様の利用の仕方をすることができるため、質屋を利用しても問題がありません。 査定額に関しては店によっても変わってくるので、少しでも高く売りたい場合には複数の店を回って金額の比較をしてみましょう。

Copyright(C)2014 バブルがはじけたらブランドバッグとGOOD BYE! All Rights Reserved.